フォト

リンク

  • あみねこじゃらし
    自製ぬいぐるみ作品集
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 3月3日のちらし寿司 | トップページ | ディスプレィ交換 »

河津城址公園

河津駅の北側にあり、駅付近から低山を登ったところにあります。
標高180.9m、短いけれど登山道なので靴は歩きやすいものが望ましい。
観光案内としては所要時間25~30分程度となっていますが、途中の休憩所に15分、頂上に20分程度で到着できました。
河津駅東側ガード付近にある登山道入口の案内板から舗装道路を登り始めます。

避難場所付近

やがて舗装路が終わり、津波避難場所を通過、道は石畳になり、そして普通の登山道として林の中を登っていきます。

城山分岐

左へ右へと反転しながら登っていくと、城山と片瀬山・今井浜方面との分岐点に到着、今回は城址公園だけが目的なので、城山方向へ登っていきます。
河津駅から750m、城山350mとなっているので、全体で1km程度のようです。

竹林の中

城山方向へ登っていくと、途中で竹林に入ります。
竹林の後半は勾配がきつくなり、少し慎重に歩いていきます。

片瀬山と海

左側が開けてくると、片瀬山が見え、山の向こうに海も見えます。山の中腹付近の高さに水面があって船が見えている、少し不思議な光景です。片瀬山山頂にはアンテナらしきものが見えます。

山頂手前の休憩所

その先から山頂までは階段になっていて、階段を少し登ったところに休憩所があります。
ここで左手に今井浜海岸方面、右手に河津方面が見えてきます。
最後の階段は急勾配となっていて、下るときが少々怖いくらいです。

公園手前

満開の河津桜が見えてくればもうすぐ終点です。

河津川上流方向

上から眺める河津の街、河津側沿いに続く桜並木、海も山も見えて素晴らしい眺めです。
伊豆急行線は普通電車が通る時刻でしたので、撮影してみました。

河津駅に進入するアルファリゾート

普通電車とはいえ、リゾート用の2100系第5編成、アルファリゾートがやってきました。
コンデジDSC-RX100は小型ボディに大型センサー搭載のため、望遠がきかない。ビデオカメラはセンサーが少し小さめで望遠はこちらのほうが上なので、同時撮影してRX100のトリミングとどちらがいいか比較しようかなと思ったけれど、配偶者殿が撮影失敗したので、直接の比較はできず。
望遠がきかない分、遠くの撮影はどうしても不利だけれど、そう悪くない出来ばえで撮れたと思います。
下りは急勾配の場所で慎重に降りました。登山道ですから足に負担がかかります。
下り終えて登山道への入口に戻る少し手前で河津駅のホームが見えます。

185系踊り子と485系彩

ここで185系と485系「彩(いろどり)」の交換が見えました。
桜の時期でしたが、登山途中に出会ったのは3人しかいませんでした。
降りてきたところで登っていこうとするカップルがいましたが、ヒールの高い靴で歩きにくそうでした。

« 3月3日のちらし寿司 | トップページ | ディスプレィ交換 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

近くで眺める河津桜も趣がありますが
高台から見下ろす桜並木もステキですね。
電車に顔? 面白いです!

ここでは山頂の桜を近くで眺め、川沿いの桜を遠くまで見下ろし、山も海の波も、線路も駅もなんでも見える場所でした。
人が少ないので静かに好き放題眺めることができるのもいいところ。

485系いろどりはジョイフルトレインというイベント用で古い特急電車の改造。
正面が顔みたいで初見では驚きます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 河津城址公園:

« 3月3日のちらし寿司 | トップページ | ディスプレィ交換 »