フォト

リンク

  • あみねこじゃらし
    自製ぬいぐるみ作品集
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« SONYコンデジRX100シリーズの各機種について | トップページ

ハイレゾ

ハイレゾ音源を扱えるウォークマンの導入後、少しずつ増えてきたハイレゾ音源、24bit 96kHzのFLACから5.6kHz DSDまで規格も複数あるが、当初は16bit 44.1kHzとの違いが聴いても判らないことが多く、データ量の多いハイレゾ音源の導入には慎重だった。
平日にハイレゾ音源を聴く機会は通勤時が多く、劣悪環境であるため、利便性との兼ね合いからNW-ZX100とWI-1000Xとの接続にBluetoothのLDACコーデックを主に使い、静かな環境で聴けるときは有線接続にして聴いていたが、最近は高品質なハイレゾ音源もあり、有線接続に戻ってしまった。着信待ちのときはBluetoothにしておけばいいね。
最近判ってきたのは、ハイレゾ音源と他の音源とを比較試聴しても判別ができないことがあるけれど、比較を意識していないときに違いを感じることがあったりしたこと。直接的な音の出方や音色に明確な違いがなく、雰囲気や臨場感など微細な違いをなんとなく感じるということ。
ハイレゾ音源と他の音源の区別がつかないからクソ耳と自己評価する人は多い。しかし聴き分けようとしても違いは判りにくいけれど、無意識に多くを聴けばなんとなく判るのではないかと思えてきた。比較試聴するブラインドテストはハイレゾの検証に向かないのではないか。
16bit 44.1kHzのCDだって高い品質を確保していたのだ。24bitになったって大きな違いにはならない。
ハイレゾ音源は従来の音源に比べて高価で巨大なので、導入にあたっては効果の程について早急に結論を出したくなるのだが、音源の質、録音の質、再生環境、体調などが整っていないと簡単に結論は出ないのだろう。豊かな音色を高品質に収録し、それを表現できる機器と、受け止められる体調が揃えば心地よく聴けることと思う。

寺下真理子 ロマンス (須関裕子)

世に音源は多数溢れており、聴く時間の制約もあるから音源を増やすことはあまりないのだが、時々配信サイトで試聴しているときに昔聴いたことがあるものの曲名が不明のままだった旋律に出くわすことがある。少しは興味があって試聴しているときなのだから速攻導入決定してしまう。よくあることだけど、映画用の曲でしたか。
クラシック音楽は昔の名作に人気が集中しているようだけど、最近のものは録音技術も成熟して綺麗で明瞭な音が聴ける。

今回聴いたものはFLAC音源にしたが、音源の形式にこだわりがないので低価格なほうを選んだまで。

ヴァイオリンの音色はかなり柔らかく感じる。ここまで柔らかいのは初めてだ。NW-ZX100とWI-1000Xの組み合わせでは多彩な音色が幾重にも織りなされている。Xperia XZ PremiumとWI-1000Xにしてみると、こちらは突き抜ける高音域という方向になるが、音色の多彩さは減少してしまう。Xperiaもけっこう高音質なのだが、強力な電源部品やデジタルアンプS-Masterを積んでいない汎用機の限界か。

そして柔らかく多彩な音色を支えるピアノも素晴らしい。このピアノの存在が佳作たらしめているものと思う。こちらもやはりNW-ZX100のほうが低音の重みがある。やはりどうせ聴くならZXくらいの機器で聴きたいものだ。

« SONYコンデジRX100シリーズの各機種について | トップページ

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525880/66931946

この記事へのトラックバック一覧です: ハイレゾ:

« SONYコンデジRX100シリーズの各機種について | トップページ