フォト

リンク

  • あみねこじゃらし
    自製ぬいぐるみ作品集
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

カテゴリー「文化・芸術」の6件の記事

さらなる頂き物

レトロ調エフェクト

先日ウェディングベアをファミリーベアにしていただいた作者さんから、スタイや巾着袋などの小物が送られてきました。

手作りベビースタイ

ベビースティ、子グマ用です。

巾着袋一例

巾着袋、パーソンズって久しぶりに見ました。
かつて若い人に人気のブランドでしたっけ。

作者さんとはかつて一緒に革工芸でハンドバッグをやったことがあったのですが、多くの人が針を折ったり悪戦苦闘して乱雑な出来だったのに、一人手際よく作業を進めていて、よく見ないと素人工芸とは思えない出来でした。
フルタイムで働いていながらしっかりした制作の数々、相変わらず感心です。
スタイは早くも子グマさん愛用中です。

ウエディングベアが増殖して

結婚後一年目にして毎年ぬいぐるみを制作している人からいただいたウェディングベア
いったん作者の元に戻り、服を着せ替えて再登場です。

展示中のくま三体

二体を着せ替えして、新規に一体追加、新しい家族構成に変わりました。
製作期間は短くて突貫作業だったかと思いますが、いい出来です。
なぜかウエディングの衣装のときに比べて小さく見えます。
特別な装いから普通の装いになったからでしょうか。
衣装等の材料はどこから調達したのか毎回気になるところです。
この作者さんのぬいぐるみは、出来ばえとアイデアのセンスから欲しがる人も多いだろうに、まさか追加をいただけるとは・・・。

DSC-RX100 絵画調

ある場所に展示されていたときはフルオート撮影でしたが、別途SONYのカメラDSC-RX100のピクチャーエフェクトを使って撮ってみました。
絵画調にすると違った雰囲気です。

続きを読む "ウエディングベアが増殖して" »

週末にくま

今週は最後に半日さぼりました。
先月から昨年使いすぎた休暇の残日数を回復すべく消化を抑えていましたので、今月唯一の休暇です。
年次有給休暇の有無だって気持ちの余裕に影響するから少ないと余計に追い込まれやすいですしね。
とはいえ、夕方寝て途中で起きてと不規則生活してしまってなんだかな。

くまの写真

夏も近づいてきたので、「あみねこじゃらし」の作者から以前いただいた写真など。
これはおまけ編のページに掲載されているものと同じですが、こちらは雰囲気を壊す余計なものが写っております。
こういう写真はカメラアングルでいかにリアル感を出せるかが難しいところです。
「あみねこじゃらし」は期間限定とのことでしたが、継続を要請しています。
自分自身のブログも時々やめようかなと思っているのにね。

あみねこじゃらしにくま登場

あみねこじゃらしの番外編としてくまの写真もいくつか公開されました。
昨日こちらで掲載したくまも登場しています。
ちょうどタイミングが合ったようなので、もう一枚掲載。

Bear_2

ねこだけで終わるはずはないと思っていました

くまの作品

数年前の秋に撮りにでかけたときの写真(ブログ用に左右カットしています)。
モデルのくまは、あみねこじゃらしの作者の方がつくったものです。

Bear_1

これを知り合いの人たちに見せたときは、ぬいぐるみの作者が山好きなのを知っていることもあって、どこの山へ行って撮ったのだろうかと話題になったそうだ。
実は付近は住宅街の親水公園みたいな場所で撮ったものなのだが、背景をうまく限定することでいかにも山地で撮ったような雰囲気にしている。
余計なものが写らず、日差しの斜め具合とか落ち葉とかの要素があることがポイントなのかな。
ちなみにぬいぐるみが持っているステッキの柄が単なる割り箸とは実物を見てもちょっと気づかない。

秋は文化祭

Bk_1

秋は文化祭の季節ですね。
初心者から熟練者までこの時期になると様々な作品に取り組んでいますが、私は図画工作は駄目だったので、眺めるだけです。
ちょっと遠出することで秋の雅が見られました。

作品ができると写真撮影にもこだわって小物や背景まで含めて完成させるものもありますね。
そんな一例が下記の作品。
私は知らなかったのですが、あみねこというものです。

Bk_2_2 こたつの上に置いてあるカメラのストラップにはValentine Dayの文字が、こたつ布団にはELENA VALENTINOの文字が見えていまして、なんとなく素材や制作場面が想像できます。
このあみねこ、ブログがありました。
開設したばかりのようですが、様々な写真が見られるようになっています。

ねこじゃらしさんのあみねこじゃらし
http://aminekozyarasi.at.webry.info/